スカーフとストールの違いって何?

スカーフとストールの違いって何?
2016-05-10 JT-style
スカーフとストールの違い

オシャレに欠かせないアイテムである小物ですが、ストールとスカーフの違いをご存知でしょうか。

何となく同じようなものというイメージがありますが、実際はどう違うのか調べてみました。

 

 

スカーフとは

 

首に巻いたスカーフ

まずスカーフですが、こちらは頭や首に巻いたり、

アクセントとしてバッグに巻いたりと使い勝手がいいアイテムです。

 

何の変哲のないバッグでも、スカーフを巻くことで印象を変えることができます。

その日の洋服のコーディネートに合わせてスカーフの色を選ぶと統一感が出て、

一気にオシャレ上級者になれます。

 

正方形の布で、分かりやすく言えばハンカチーフを大きくしたようなものになります。

薄手の生地で出来ていて、シルクやコットン、化学繊維などが素材として使用されます。

 

キャビンアテンダントは制服の一種としてストールを首に巻いていますよね。

セーラー服でもスカーフがリボンとして使用されているので、

女性には馴染みの深いアイテムではないでしょうか。

 

 

ストールとは

 

花柄のストール

次にストールですが、こちらは防寒の要素も兼ね備えて使用される

長方形の細長い肩掛けになります。

 

毛皮やウール、絹などこちらも素材は様々です。

マフラーよりも幅が広いため、いろんな用途で使用できるので

冬には欠かすことのできないアイテムです。

 

冬だけでなく薄手の素材を選べば春夏もオシャレの一部として活躍してくれます。

柄やデザインが豊富であるため、マフラーよりもよりオシャレを重視したものとなっています。

 

また肩に掛けたり巻いたりするだけでなく、膝掛けとしても大活躍です。

冬の屋外やバスや電車での移動中、冷やっとすることも多くあると思います。

そんなときストール一枚あれば便利です。

折りたためば割とコンパクトにまとめることができるので、

気温調整のために持ち運びたいアイテムでもあります。

こう考えてみるとスカーフとストールって意外と違うものなのですね。

 

 

どちらも機能性もありながら、上手く使いこなすことで

幾通りもの魅力を見せてくれる万能アイテムですね。

 

冬はストールの出番が多くなると思いますが、

スカーフもバッグに巻いたり、ベルト代わりにして

オシャレなワンポイントとして使うことで一年中活躍してくれます。

 

当店で扱っているジムトンプソンのスカーフをバッグに巻くとこんな感じです。

スカーフを使ったワンポイントのオシャレ

写真の商品はこちら → シルクスカーフ 花柄(クリーム・緑) – ジムトンプソン【タイシルク100%】

 

スカーフもストールもどちらもうまく使いこなしたいものですね♪

コメント (0)

コメント、質問などありましたらどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*