【ジムトンプソンの素材】タイ産シルクの特徴と他のシルクとの違い

【ジムトンプソンの素材】タイ産シルクの特徴と他のシルクとの違い
2016-05-10 JT-style
ジムトンプソンの素材 タイシルクとは

タイが高いブランド価値を付けた伝統産業であるタイ産シルクは、タイに旅行へ行った人などに人気のある土産物の1つです。

今や定番ともなった、タイ産シルクの特徴と他のシルクとの違いについて説明します。

 

 

タイシルクならではの光沢

 

まずタイ産シルクの特徴の1つが、タイ産にしか出せない光沢にあります。

 

タイ産のシルクの産地でもあるイサーン地方では、蚕が日本より太い糸を吐くので、

光の反射などによって独特の風合いがある光沢の糸を使用する事が出来て、

これこそが他のシルクとの違いの1つです。

 

タイ産のシルクと言っても、独自の織り方や光沢によって違う色柄など様々な特徴があり、

アイテムの種類による異なった魅力があります。

 

 

独特な太い糸こそがタイシルクの最大の特徴

 

タイシルク

イサーン地方の蚕から採れる糸は、他のシルクと違い太いので肌触りはほんの少し固めに感じると言われることもあります。

 

デザインは南国らしい、鮮やかな色使いで彩られていて見た目にも高級感が漂います。

しかしそれこそが他のシルクとの違いの大きな要因であり、独特な太い糸から作られるしっかりした生地は、

ドレスや小物などを作る上できれいな形が出ると多くの人から支持を集めています。

またそういったタイ産のシルクの特徴を、上手に利用したポーチやバッグ類などは、

しっかりとした縫製をしてあってお土産物として購入する人が多いです。

 

質の良いシルクを使った商品は、肌に触れただけで品質が良くない物との違いが分かると言われています。

なので購入を検討されている人は、実際に手に取って肌触りや光沢を確認すると失敗せずに、タイ産シルクを購入する事が出来ます。

 

 

タイシルク製品は男性にも喜ばれるアイテム

 

お土産に喜ばれるのは、女性だけではなく男性用にもお土産商品が数多くあり、

男性用の下着などは肌触りが良いと好評です。また、美しい光沢のネクタイも人気です。

 

色味の鮮やかな雑貨などは、目にも楽しく実際の使用感も一度タイ産シルクを

使ってしまうと他のシルク商品は購入出来ないとまで言われています。

 

タイへ旅行へ行ったけれどどんなお土産が喜ばれるかと悩んでいる人は、

ぜひ一度タイ産のシルクを手に取って他のシルクとの違いを確かめてみてください。

 

コメント (0)

コメント、質問などありましたらどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*